×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












プロフィール
本名
: John Francis Bongiovi
ニックネーム
: Johnny, Captain Kidd
生年月日
: 1962年3月2日
身長
: 177cm
家族
: Dorothea Hurley (奥様)
 Stephanie Rose (長女/1993年5月生まれ)
 Jesse James Louis (長男/1995年2月生まれ)
 Jacob Hurley (次男/2002年5月生まれ)
 Romeo Jon (三男/2004年3月生まれ)
両親
: John Bongiovi & Carol Shankey Bongiovi
兄弟/姉妹
: Anthony & Matthew (どちらも弟)
ソロアルバム
: Destination Anywhere (1997)
 Blaze Of Glory (1990)
出演映画(洋題)
*TV出演
: Vampires: Los Muertos (2002)
 Ally McBeal (2002) *
 Pay It Forward (2000)
 U-571 (2000)
 Sex and the City (1999) *
 Row Your Boat (1998)
 No Looking Back (1998)
 Little City (1998)
 Homegrown (1998)
 The Leading Man (1996)
 Moonlight & Valentino (1995)
 Young Guns II (1990)

▲TOP
Jon Bon Joviについて
 言わずと知れたBON JOVIのフロントマン。ギタリストのRichie Samboraとの黄金コンビで、世に様々な名曲を残しています。ヴォーカルであるJonはまさにBJの中心人物であり、バンド名やバンドのマネージメン ト会社の社長であることからもそれは十二分に伺えるはず。

 Jonは1962年3月2日、元海軍(その後は美容院経営)の父と元プレイガール(その後は花屋経営)の経歴を持つ母との間に生まれました。3人兄弟の 長男で(でも他の2人とあまり似てない/笑)、アメリカのごくありふれた中流家庭に育ったJonは、幼いころから地元NJ出身のアーティストの音楽に親し んできましたが、中でも中学時代にBoss、ブルース・スプリングスティーンのコンサートを初めて体験したときは、「魂を抜かれた」というほどの衝撃を受 けたといいます。このころからJonの音楽への関心は高まり、14歳の時に両親からギターをプレゼントされるとますますその思いは強くなっていきました。

 クラブで演奏をするようになった高校時代は、よく授業中「自分のワールドツアーのコンサートを頭に思い浮かべていた」とか。また、この頃同じくクラブで バンド活動をしていた現BJのキーボーディストDavidと、奥様ドロセアと運命的な出会いをしています。(ドロセアとの出会いは歴史の授業中隣り合わせ になったのがきっかけ)

 高校を卒業後、定職にも付かずぶらぶらとしていたJonを心配した両親は、Jonを彼ののいとこトニーが経営するNY屈指のスタジオ、パワー・ステー ションで働かせることにしました。仕事は雑用係でしたが、この頃の経験は後のJonにとっても重要なものであったことは言うまでもありません。Jonはこ のスタジオで RUNAWAYのデモ・テープを制作すると、自らラジオ局に売り込みを始めます。なかな好感触は得られませんでしたが、あるラジオ局が興味を示し、ついに はレコード会社との契約を勝ち取ります。その後のJon、BJの大躍進は周知の通り。

 最近では俳優活動にも精を出すJonですが、やはり彼の魅力が最大限発揮されるのはステージの上。ライヴ・パフォーマンス、ソングライティング、独特な 歌声、甘いルックスで世界中のファンを魅了し続けています。決して洗練された歌声ではないかもしれないけれど、Jonには彼にしかないオーラや音楽にかけ る情熱、そしてファンを思うアーティストとしての強いプロ意識があるのです。

 また奉仕活動にも積極的で、2001年9月11日に起こった同時多発テロでの積極的なチャリティー活動は記憶に新しい。その他にも、好きが高じてア リーナフットボールチームPhiladelphia Soulのオーナーになるなど、バンド以外の活動も楽しんでいるようです。

* Jonから若者へエール!>>JON社長の言葉

▲TOP
フォトギャラリー




MEMBERS
 ≫ Jon Bon Jovi
 ≫ Richie Sambora
 ≫ David Bryan
 ≫ Tico Torres
 ≫ Bass Player
HISTORY OF THE BAND
 ≫ 1983 - 1989
 ≫ 1990 - 1999
 ≫ 2000 -